全ての物を分別して見ると良いでしょう

無断で捨てない事!

どう見ても捨てて良い物があったとしても、それが他の家族にとってとても思い出深い物であり大切な宝物である可能性もあります。
なので、自分がもし断捨離をしていたとしても、ゴミと判断出来てもひとまずは、家族にきちんと確認をしてからゴミとして捨てるべきです。
無断で捨ててしまい、後から取り返しのつかない事になったら大変ですし、傷つけてしまう事になります。

良い断捨離と言うのは、きちんと事前に家族の間でそのような物を断捨離するべきなのか、断捨離の意味についても話し合って家も気持ちもスッキリとする断捨離をするようにすれば良いと思います。
決定権は自分にあったとしても、家族に確認をする事が一番ですし、良い方法の一つだと思います。

細かく分けて断捨離する

家の中の部屋ごとにいつ断捨離をするのか決めても良いかもしれません。
一度に家全体を断捨離しようとするとなると、時間もかかりますし、ゴミも相当な数が出ると思います。
なので、一度に全て行うのではなく、少しずつ細かく分けてから時間をかけて行うのも良い方法ではないかと思います。

ですが、一人で行うのではなく家族皆で一緒に部屋ごとに分かれて行うのも良いですし、一部屋ずつ行うのも自由です。
分けて断捨離をする事で、何がどこにあり、要らない物と言うのが必然的に分かってくるみたいですし、作業スピードも上がるようです。
けれども、無理はしないで重い物は協力して捨てたり、リストにまとめてからいつ断捨離するかも明確にしておくと楽かもしれません。